スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
弁護士法違反
- 2006/02/15(Wed) -
はてな 昨日14日、当県のある行政書士が「法務事務所」を名乗って自己破産等の申立書を裁判所に提出する法律事務を行ない、クライアントから約10万円を報酬の一部として受け取った疑いで、逮捕されました。
インターネットでも消費者金融等の相談コーナーを設けたりして、依頼者を募っていたようです。
弁護士会からの告発で警察が動いていたそうです。

弁護士法72条には「弁護士でない者が法律事務を業とすることはできない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りではない。」とされています。

ここで「法律事務」とは何なんでしょうか?

法律業務とは、法律的な判断基準があって、それに当該事案の事実を当てはめて法的な判断を下し、その判断に基づく措置を行うことです。
そうしますと、行政書士の業務は法律事務です。ただし、行政書士法は「他の法律」に該当します。
「じゃ、できるじゃないか」と言われるかもしれませんが、
行政書士法第1条の2および3にて業務が定められております。

これらによりますと、上記事件は裁判所への書類作成(代理)にあたりますので違反となります。
ただし、本人申請のための相談・サポートは問題ありません。

また、よく問題になっている示談代理に関しても、民法の典型契約として和解(示談)が規定されている以上、契約代理として問題ないと思われます。

ただ、交通事故示談などで代理人として、責任を否認している加害者に対して責任追及交渉をして賠償金を請求することは、弁護士法違反となりますが、
責任を自認している場合に、過失割合や賠償金などを協議し合意示談することは許されるものと思われます。


このように、弁護士法72条の問題はいろいろな解釈の仕方があり、なかなか難しくはっきりしないものです。
日弁連でさえ、直接規定するものは皆無であって、隣接法律職との調整は極めて困難だと認めているぐらいです。
早急に改正すべきだと思うのですが・・・

皆さんの率直なご意見をお聞かせください。


rankingあーまんへの応援は、こちら「ポチッ」とお願い致します。


追記

保険会社の示談交渉は、どちらともいえません。
たしかに、被害者から直接、保険会社に請求できる自倍法16条「被害者直接請求権」を利用すれば、保険会社が保険金を支払う必要性から当事者として話を進めることができます。
また、保険料は示談のためのものではないと考えれば、妥当です。

しかしながら、間接的には示談のためでもあるわけですから、この点からすると「報酬を得る目的」に該当するわけです。
また、同じように弁護士を紹介(提携弁護士)することも同様です。
そう考えると、どちらともいえないわけです。

まあ、この件は、弁護士会と保険協会とで協定を結んで、黙認しているようですが・・・
ただ、河野順一先生曰く「国民の利便性を犠牲にして弁護士の既得権益を保護する形」になっていることと、
特に交通事故・保険請求の場合、加害者保護・保険会社主義になっていることが、納得できないのですが・・・


ranking再び、あーまんへの応援は、こちら「ポチッ」とお願い致します。

スポンサーサイト
この記事のURL | 行政書士 | CM(17) | TB(0) | ▲ top
<<引越ししました | メイン | 行政書士試験の採点処理でミス発覚>>
コメント
--
こんばんは。業際問題は難しいですね。
行政書士としては幅広く知識は持っている必要があります。ただ、「グレーゾーンにかかったときどう対応するか?」で明暗を分けると思います。グレーゾーンに手を出すときは他士業との連携で解決が一番なのかもしれません。私はそう考えてまずは顧客よりも他士業(特に弁護士)の知り合いを探しました。
2006/02/15 23:56  | URL | ふじ #79D/WHSg[ 編集] |  ▲ top

--
ふじさん、こんばんは。
グレーゾーンは難しい問題かもしれません。
弁護士などとの連携を考えて、ネットワーク作りも大切な業務のひとつと成り得ますね。
2006/02/16 00:49  | URL | あーまん #79D/WHSg[ 編集] |  ▲ top

--
あーまんさん、こんにちは♪
このような問題は、行政書士さん同士の間でもよく話題に上がります。
特に、民事法務専門の行政書士さんは、弁護士法に違反しないスレスレのところで線引き?しているようですね。
なかなか難しい問題ですよね。。
ふじさんの仰るとおり、他士業さんとの提携を組むのが一番望ましいのでしょうね。
弁護士さんはもとより、税理士さん、社労士さんと提携を組むことから始めて、業務を進めていくことが先決なのかもしれませんね。(*^^*)
2006/02/16 12:50  | URL | nao #79D/WHSg[ 編集] |  ▲ top

--
naoさん、こんにちは。
確かにネットワークは大切ですね。
クライアントの権利利益を守るためにはどのようにするのが最適か、考える必要があります。
誘われているネットワークに参加しようかなあ?
2006/02/16 13:40  | URL | あーまん #79D/WHSg[ 編集] |  ▲ top

--
あーまんさんへ
グレーゾーン、難しいですね。
私も民事法務に興味があり、将来的に「消費者関連」の仕事をライフワークにしていきたいので、まだまだこれから研究していかなくてはなりません。
士業が敵対していくのではなく、ともに尊重し共存して国民第一に考えていけるような法制度を望みます。資格を取ったものがグレーゾーンが分からないですから、国民はもっと誰に相談すればいいかわからないはず。
国民、クライアントにも分かりやすい優しい士業社会を目指したいです。
2006/02/16 15:41  | URL | ももすけ #79D/WHSg[ 編集] |  ▲ top

--
ももすけさん、こんにちは。
私も民事法務を考えておりますので、情報収集は欠かせませんね。
士業間の相互理解がもっと必要になってくるのではないでしょうか?
2006/02/16 16:05  | URL | あーまん #79D/WHSg[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは。
難しい問題ですね。
ただ、違法行為は戴けないと思います。
士業のステータスが下がると悲しいですね。
2006/02/16 18:14  | URL | 辺ちゃん #79D/WHSg[ 編集] |  ▲ top

--
辺ちゃんさん、こんにちは。
こういう事件があると確かに士業の評判が悪くなりますね。
金儲けに走るとダメですね。
2006/02/17 11:00  | URL | あーまん #79D/WHSg[ 編集] |  ▲ top

--
あーまんさん、こんにちは。
Blogに来て頂いてりがとうございます。
行政書士が、どこからどこまでの業務をできるのかっていうところの線引きが難しいですね。
naoさんがおっしゃっているように、他士業さんと組んで仕事をするのがもっとも効率がいいのではないのではないでしょうか?何かの本で、父親が司法書士、娘が行政書士で開業をしているというのを読んだことがあります。司法書士でできない事を行政書士がカバーできたいりとお互いをカバーできると書いてありました。
2006/02/19 14:28  | URL | kei #79D/WHSg[ 編集] |  ▲ top

--
keiさん、こんばんは。
ご訪問ありがとうございます。
確かに他士業との関係は必要ですね。
士業のネットワークづくりに参加することにはなっていますが、まずは合格ですね。
2006/02/19 21:12  | URL | あーまん #79D/WHSg[ 編集] |  ▲ top

--
こんばんは。
行政書士は守備範囲が広いから、どこが境界線なのかも勉強しておかないと、自らが不法行為をしかねません。
最近テンプレートを変える方が多いですね。私も3月になったら変えようかな~
2006/02/20 19:51  | URL | マシャ #79D/WHSg[ 編集] |  ▲ top

--
マシャさん、こんばんは。
何事も日々勉強ですね。
テンプレート変更は気まぐれです。
カーリング、イタリアに勝ちましたね。
2006/02/20 19:57  | URL | あーまん #79D/WHSg[ 編集] |  ▲ top

--
あーまんさん、こんばんわ。
ミクシィのあしあとたどって来ました。
すごく勉強されてますね!すごい。
私は行政書士試験の勉強を始めてまだ間もないです。
がんばります!
2006/02/20 23:34  | URL | 石川花子 #79D/WHSg[ 編集] |  ▲ top

--
行政書士の職域は広いので、弁護士法72条に引っかってしまうことが多いのでしょう。
ちなみに、司法書士や社会保険労務士は、「法律隣接職」だったかな?として国に認められていますが、行政書士は認められていないです。
街の人にとっては、「行政書士=相談しやすい法律家(気さくな先生が多いから)」ですが、国は代書屋としてしか見ていないことをお忘れなく.....
2006/02/22 03:33  | URL | kimama-na-blog #79D/WHSg[ 編集] |  ▲ top

--
あーまんさん、こんばんは。
なんとか風邪から復活した2児パパです(笑)
たしかに行政書士の業務範囲は広いので、自らがきちんと業務範囲を把握しておかなければ、弁護士法の餌食になってしまいます。
僕の場合はまず合格しなければいけませんが(^^ゞ
2006/02/23 19:19  | URL | 2児のパパ #79D/WHSg[ 編集] |  ▲ top

--
kimama-na-blogさん、こんばんは。
国の認識は低いですね。
弁護士を増やす趣旨も数が少ないことも事実ですが、
隣接士業を減らす目的もあると聞きましたが・・・
2006/02/23 20:55  | URL | あーまん #79D/WHSg[ 編集] |  ▲ top

--
2児のパパさん、こんばんは。
元気になられてなによりです。
簿記試験、頑張ってくださいね。
2006/02/23 20:56  | URL | あーまん #79D/WHSg[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://samuraiaman.blog48.fc2.com/tb.php/64-cf9324d0
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。