スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
サイン色紙 当選!
- 2008/02/18(Mon) -
IMG_0131.jpg

伊藤塾在宅便りメールサービス100号記念プレゼント企画寄せ書きサイン色紙プレゼントに
当選しました。
応募したのは、司法書士・行政書士・宅建講師の直筆寄せ書きサイン色紙です。

確率は2倍でしたが、うれしいです。
勉強の励みになりそうです。
スポンサーサイト
この記事のURL | 行政書士 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
偶然?それとも・・・
- 2008/01/31(Thu) -
ここ2年間、様々な資格試験を7回、受験してきましたが、
あることに気づきました。

受験番号偶数の場合は合格
奇数の場合は不合格なのです。
例外は全くありません。

不思議というか、偶然というのは恐ろしいものです。
確かに身の回りは偶数のものが多いようです。

ただ、ジンクスばかり気にしても仕方ありませんので、
今年こそは実力で合格を勝ち取りたいですね。
この記事のURL | 行政書士 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
一夜明けて・・・
- 2007/11/12(Mon) -
昨日、無事に試験を受けることができました。
そのせいなのか、昨晩はあまり眠れませんでした。
試験前にコメント頂いた、マシャさん・ももすけさん・おれんじ777さんありがとうございました。

今回は周りにあまり惑わされることなく、結構集中して受けることができました。
解く順序を変えたことやこの試験が自分との戦いであるとの認識が良かったのかもしれません。

自己採点はまだしていませんが、
出来不出来より、満足して楽しんで受けれたこと、
そして何より、わがままや迷惑かけてきた妻に対して感謝しております。

今後のことはまだ解りませんが、とりあえずは不妊治療に専念していきたいと思います。
この記事のURL | 行政書士 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
今後の方針?と決意表明 (2/9 追記あり)
- 2007/02/06(Tue) -
memo.gif
合格発表から1週間経ちました。
遅ればせながら、今後の方針?と決意表明をしたいと思います。

まずは、現状の環境を変えるためにも引越(市内)をします。
これは受験勉強だけでなく、現在行っているある治療のためで、
ストレスを溜めず、心穏やかに暮らしていきたいと考えたからです。

次に、優先順位として

 ① 治療優先
   (ご存知の方もおられるかも知れませんが、今しかできないため)

 ② 行政書士受験勉強
   (資金面を考え、講座などは必要に応じて利用)

 ③ 宅建受験予定
   (受験勉強の中だるみを防止のため)

今年、転勤があるかもしれませんので(時期不明)状況に応じて
変更があるかもしれません・・・


18年度の試験では、民法6割・記述7割でしたが、
行政法と一般知識で足をすくわれたため
これらはコツコツとやっていきます。


回りのことを犠牲にする覚悟が必要とおしゃっている方もおられるようですが、
学生や単身者ならいざ知らず、
会社員・所帯者や主婦(主夫)にはそういった環境は限られています。
確かに、家族の協力があれば可能なのかもしれませんが、すべてがそうだとも限りません。
ひとそれぞれですので、限られた時間や環境を如何にうまく使うかが大切なのでしょうね。


今月は、1.5倍速で基礎講座の復習 と
      法学検定4級 からやっていきます。
この記事のURL | 行政書士 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
少年法・・・
- 2006/11/26(Sun) -


ある士業の方からの薦めで読んだ本です。

「心にナイフをしのばせて」 奥野修司著  文藝春秋刊

かなり衝撃的な内容でした。
高校一年の男子生徒が同級生に殺害されて、なおかつ首を落とされたという28年前の「酒鬼薔薇」事件のその後の加害者少年Aと被害者家族の悲劇を綴ったものです。

この話のなかで、被害者家族は悲惨な人生を歩んでいったにもかかわらず、加害者少年Aは謝罪することもなく今では弁護士として裕福に暮らしているということです。
「少年法」という法律の壁に守られて被害者から逃れ、見つけ出したときには約束の損害賠償金も時効で払わないばかりではなく、逆にお金を貸そうとまでする。なにかおかしいと思いました。

確かに社会的には「更生」かもしれませんが、人間としての責任を果たしていない以上、被害者遺族にとっては「更生」といえないと思います。
「少年法」を免罪符に加害者もその親も責任を免れるとしたら、どこか間違っているとしか・・・

「少年法」は未成年の人権を重視するが故に、被害者の遺族の人権を軽んじているのだと・・・
この記事のURL | 行政書士 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。